アットホームな環境で学べる、個人塾

どの塾に通わせるのが正解?

塾に通わせたいと思ってもどの塾に通わせたらいいのか分からず悩んでいる、といった声はよく聞きます。ひとえに塾と言っても様々な種類があります。全国展開しているような大手塾、地域密着型の中小塾や個人塾などのことです。またその指導方法も様々な種類があり、代表的なのが、塾講師と生徒が1対1授業するといった形式である個別指導や、塾講師1人に対して複数人の生徒が同じ教室で授業を受ける集団指導です。実際にどの塾に通わせるのがより良いのかは、生徒の性格やその塾の方針、指導方法などによっても変わってくるので決めつけることはできません。そこで、ここでは代表して一般的なアットホームな環境で学べる個人塾のメリットやデメリットなどを紹介します。

個人塾のメリット、デメリット

まずは個人塾のメリットを紹介します。最も大きなメリットは、講師と生徒との距離感が近くなりやすいということです。距離感が近いことによって、分からない箇所があれば遠慮することなく質問したり、学校生活で悩んでいることでも相談できたりと、勉強面だけでなく精神面でも支えてもらうことができます。これは大手塾など大人数の生徒を抱えるところではなかなか難しいことです。次に個人塾のデメリットです。最も重大なデメリットは、緊張感を欠いてしまうことです。アットホームであるということはメリットでもあるのですが、それが行き過ぎてしまうと授業に緊張感がなくなってしまい、身が入らなくなってしまいます。以上のように個人塾ならではのメリット、デメリットを考慮した上で、どの塾に通わせるべきなのかを判断してみてください。

小学生の塾は学力の向上はもちろんですが、勉強する習慣を身につけさせるという意味合いもあります。これにより中学や高校で更なる学力向上がはかれます。