有益な受験情報の提供

塾には受験に関する情報がいっぱい

受験勉強は学校の授業だけで大丈夫と考えている人もいると思いますが、ちょっと上のレベルの学校に行きたいと思ったり、いわゆる難関校にチャレンジしたいと思った場合、やはり塾に通うメリットは見逃せません。
まず第一に、塾にはそれぞれの学校の受験に関する情報が蓄積されています。具体的には、過去の出題傾向や過去問などです。塾ではこれらの情報を駆使して、志望校ごとに数年分の過去問を解かせてくれたり、想定問題を作成してくれるなど、より実践的な勉強ができるのが強みと言えます。また、これにより自分の弱点が明確になり、ポイントを絞って勉強することができるので、受験までの限られた時間を有効に使い、効率的にレベルアップできるのです。

自分のレベルに応じた勉強ができる

次に、塾では受験に特化した勉強ができます。学校のクラスは生徒の学力にバラツキが大きいため、通常、生徒全員が理解できるまで何度も同じところを繰り返します。これは、全員一定のレベルに到達できるという意味では非常に良いことですが、反面、理解の早い生徒は足どめをくうことになります。
塾では、学力や志望校に応じてクラス分けが行われるため、学力の高い生徒はどんどん先に進むことができます。個人指導の塾であれば、より、自分のレベルに応じた勉強が可能です。これ以外にも、塾では問題の解き方のノウハウや、出題者の意図を読みとるコツなども教えてくれます。このように、受験に特化した勉強ができることが、学校の勉強との大きな違いと言うことができます。